• 江戸を学び、江戸で遊ぼう

    團十郎襲名の意味

     今日は、戯言だと思って聞き流してください。    医学が未発達だった江戸時代、人々は、さまざまなものでゲンを担いだり、まじないをして、心を休めて来ました。そして、その極めつけの一つが、市川團十郎の「 …

    続きを読む


    江戸の鬼小町 時封じの杖

    江戸の鬼小町 時封じの杖玲野 謙(著)2020年 4月1日 amazon kindle版 発売開始  1800年代の江戸を舞台に、『江戸の鬼小町』と呼ばれた佐奈、千葉道場の師範代の重太郎、そして坂本龍 …

    続きを読む


    病魔の伝承、まじない…そしてアマビエ考察

     江戸時代、人々を苦しめた疫病は、主に「天然痘」「はしか」「水疱瘡」の3つで、特に天然痘は、毎年のように流行し、人々の命を奪ってきました。また、幕末近くになると、西洋との接触も活発になってきたため、「 …

    続きを読む


    BLOOD_h2

    真田奇伝 BLOOD 1 毅の血脈

    戦国時代の最後を駆け抜けた武将、真田幸村と真田衆の壮絶な生き様を史実とは別視点で書き起こした傑作。第一巻では、真田幸村が、大坂からの呼びかけに応じ再び起つエピソードや、真田衆の2人の姉妹の活躍を中心とした2編のエピソードを掲載。

    続きを読む


    御役三病とコロリ

     日本における疫病の最初の記録は、「続日本書紀」の天平7年(735年)の天然痘が最初とのことです。以降、幾度となく、人々を苦しめてきましたが、江戸時代になると、商人や武士の行き来が活発になったため、そ …

    続きを読む


    深大寺…蕎麦と鬼太郎と

     深大寺の創建は、遠く奈良時代、天平5年(733年)といわれ、東京都では、浅草寺(推古天皇36年(628年))に次ぐ古刹です。でも深大寺というと、やはり蕎麦ですね。深大寺は、国分寺崖線沿いにあるため、 …

    続きを読む


    不忍池周辺を散策…蓮の花を求めて

     この季節になると咲く蓮の花は、遠い昔から親しまれてきました。江戸時代も、不忍池の蓮の花は江戸随一の名所ということで、有名だったようで、数多くの浮世絵で残されています。今日は、朝から気温が34度と予報 …

    続きを読む


    kameokahachiman01

    市谷亀岡八幡宮…道灌が建立

     文明11年(1479年)、太田道灌(※)が江戸城の守神として鎌倉の鶴岡八幡宮(※)から分霊して、今より少し南側に祀ったのが始まりです。そして、寛永13年(1636年)頃に江戸城の外堀が出来た時、現在 …

    続きを読む


    sumiyosi_00

    住吉神社…江戸湊の守護神

    摂津の佃村(大阪市淀川区佃)から移住(※)してきていた佃島の住民が、正保3年(1646年)に、故郷の住吉三神を祀ったのが「住吉神社」の始まりとされています。 ※摂津の佃村から移住 本能寺へ変の時、徳川 …

    続きを読む


    Translate »