• 江戸を学び、江戸で遊ぼう

    人とは違う事が見え、人とは違う事を考え、人とは違う事をやる。それが発明家です。太平の世だった江戸時代でも、そんな発明家が数多く生まれました。人々の間を疾風のように過ぎ去り、驚きと共にその印象を強く人々に残していった彼らの足跡を追います。

    江戸の疾風1…非常の人、平賀源内

    人とは違う事が見え、人とは違う事を考え、人とは違う事をやる。それが発明家です。太平の世だった江戸時代でも、そんな発明家が生まれました。人々の間を疾風のように過ぎ去り、驚きと共にその印象を強く人々に残し …

    続きを読む


    江戸の疾風2…からくり半蔵

    江戸時代、本来は門外不出のはずの発明の類を出版し、ベストセラーとなった「機巧図彙(からくりずい)」という本があります。そして、幕末から明治にかけての発明家たちに大きな影響して与えました。今回は、この書 …

    続きを読む


    江戸の旋風3…からくり伊賀七

    幕末の少し手前の時代のことです。さまざまなからくりを発明し、驚きと共にその印象を強く人々に残していった者が筑波に現れます。今回は、「からくり伊賀七」と呼ばれた飯塚 伊賀七(いいづか いがしち)の話です …

    続きを読む


    江戸の疾風4…小惑星になった男一貫斎

    長い間続いていた決まりごとを破っていくのは並大抵のことではありません。今回は、200年ほども続いた決まりごとを、自分の才覚で打ち破っただけでなく、次々と人々を驚かせる発明した鉄砲鍛冶、国友一貫斎の話で …

    続きを読む


    江戸の疾風5(最終回)…からくり儀右衛門

    江戸後期にからくり人形の職人として人々を驚かせ、その後、明治にかけ次々と発明を行い、人々の生活を変えていった人物がいます。「江戸の疾風」の最終回は、「からくり儀右衛門(ぎえもん)」と呼ばれた田中久重( …

    続きを読む


    Translate »