• 江戸を学び、江戸で遊ぼう

    AI-OCR…第1回:OCRの基本

     最近、猫も杓子もAI、AIと大騒ぎです。文字入力の分野でも、「経理システムへの請求書の入力はAI-OCRを使えば、デジタル変換が一発でできる」とか、「AI-OCRの手書き文字の認識率が98%を超え、 …

    続きを読む


    AI-OCR…第2回:OCRの限界とAIによる進化

     前回は、「OCRの基本的な知識」に関して整理してきました。「定型レイアウト」かつ「印刷された帳票」であれば、AIを使わずとも、既存のOCRでも一定のレベルまで対応可能なことが解ったのではないでしょう …

    続きを読む


    AI-OCR…第3回:製品比較と現実解

     前回は、「OCRの限界とAIによる進化」関して解説してきました。AIを使って、「非定型帳票」や「手書き文字」まで対応可能な範囲を広げてきたことを理解できたのではないでしょうか。今回は、こうして登場し …

    続きを読む


    megurofudou_02

    目黒不動…瀧泉寺

     目黒不動の正式名は瀧泉寺(りゅうせんじ)と言い、山号は泰叡山(たいえいざん)で、天台宗の寺院です。創建は、驚くほど古く、大同3年(808年)に円仁(※)が比叡山に赴く途中で不動明王を安置した事に始ま …

    続きを読む


    zoujyouji_01

    増上寺…徳川家の菩提寺

     増上寺は、浄土宗の七本山(※)の1つです。明徳4年(1393年)に創建されました。当時は、今の場所とは異なり、現在の千代田区紀尾井町辺りにありました。ところが、家康が江戸入り後の慶長3年(1598年 …

    続きを読む


    RPA1

    RPAでEUCは2度死ぬ?!

     最近、「折角導入したRPAをやめた」とか、「RPAには結局使い道がないことがわかった」とか、導入企業の担当者が愚痴をこぼしていることやネットでそのような記事を見かけることが多くなってきました。でも、 …

    続きを読む


    江戸の疾風1…非常の人、平賀源内

    人とは違う事が見え、人とは違う事を考え、人とは違う事をやる。それが発明家です。太平の世だった江戸時代でも、そんな発明家が生まれました。人々の間を疾風のように過ぎ去り、驚きと共にその印象を強く人々に残し …

    続きを読む


    江戸の疾風2…からくり半蔵

    江戸時代、本来は門外不出のはずの発明の類を出版し、ベストセラーとなった「機巧図彙(からくりずい)」という本があります。そして、幕末から明治にかけての発明家たちに大きな影響して与えました。今回は、この書 …

    続きを読む


    江戸の旋風3…からくり伊賀七

    幕末の少し手前の時代のことです。さまざまなからくりを発明し、驚きと共にその印象を強く人々に残していった者が筑波に現れます。今回は、「からくり伊賀七」と呼ばれた飯塚 伊賀七(いいづか いがしち)の話です …

    続きを読む


    江戸の疾風4…小惑星になった男一貫斎

    長い間続いていた決まりごとを破っていくのは並大抵のことではありません。今回は、200年ほども続いた決まりごとを、自分の才覚で打ち破っただけでなく、次々と人々を驚かせる発明した鉄砲鍛冶、国友一貫斎の話で …

    続きを読む


    江戸の疾風5(最終回)…からくり儀右衛門

    江戸後期にからくり人形の職人として人々を驚かせ、その後、明治にかけ次々と発明を行い、人々の生活を変えていった人物がいます。「江戸の疾風」の最終回は、「からくり儀右衛門(ぎえもん)」と呼ばれた田中久重( …

    続きを読む


    マグネシアの石1…遠い国マグネシア

    マグネシア(Magnesia on the Maeander)は、小アジアの西部(現トルコ共和国西部) に紀元前7世紀頃にあったリディアと呼ばれた王国の町の一つです 。当時、メアンデル川(現在のメンデ …

    続きを読む


    Translate »