• 江戸を学び、江戸で遊ぼう

    niigata

    にいがた 進(にいがた すすむ)は、戦国時代や幕末を中心に、大きな時代の流れに争い、消えていった者たちを中心に据えた物語の執筆を続けて来た漫画家です。
    その精緻な筆使いで、その時代へと、読む者をぐいぐいと引き込んでいきます。特に真田幸村を中心とした真田衆の活躍を描いた「BLOODシリーズ」は、彼のライフワークとも言える大作です。

    BLOOD_h2

    真田奇伝 BLOOD 1 毅の血脈

    戦国時代の最後を駆け抜けた武将、真田幸村と真田衆の壮絶な生き様を史実とは別視点で書き起こした傑作。第一巻では、真田幸村が、大坂からの呼びかけに応じ再び起つエピソードや、真田衆の2人の姉妹の活躍を中心とした2編のエピソードを掲載。

    続きを読む


    Across The Times 増補版 にいがた進 短編集

    にいがた 進、初の短編集。
    戦国時代から現在まで、時間と空間を超え、表舞台に登場しなかった様々な人々の生き様をその精緻な筆で表現している。今回は、信長の生きた戦国時代と、江戸幕末から2編の作品を掲載。

    続きを読む


    Translate »